東京で霊園を探そう
2017.03.29

お墓参り東京で霊園を探したい。そんな時、お墓の選び方はどのようにしたらいいでしょうか。霊園選びは、以前であれば口コミや近所のお寺に聞いて回るくらいしかできませんでした。しかし、今ではパソコンという便利なものがあります。パソコンで検索すると、霊園のサイトや、霊園を紹介するサイトがあります。こういうものを参考にして自分に合いそうな霊園を3つほどピックアップして、まずは資料を取り寄せます。取り寄せたパンフレットを見ると、どこもいい霊園に見えます。きれいで明るい公園のような墓地もあれば、厳かな雰囲気漂う寺院もあります。最優先するのはやはり交通の便と言う方もいらっしゃるでしょうし、公園のような霊園がいいという方もいらっしゃるでしょう。

パンフレットだけで決めるのではなく、必ず見学をしてください。資料だけではわからないことが、見学することによってわかります。見学した時はただ見て歩くだけでなく、たくさんチェックすることがありますので、気になるポイントのチェックリストを書いて行くと便利です。
霊園の職員は親切か?わからないことはきちんと説明してくれるか?
宗派問わずであるか?公営や民間の霊園では、もちろん宗派は問いませんが寺院などでは特定の宗教だけは断る場合がありますし、檀家になることが条件であることもあります。
民間の霊園であれば、霊園の運営、管理は一社で行っているのか?数社が運営管理をしている霊園ではクレームもたらい回しにされる可能性があります。
石材店は選べるのか?霊園によっては石材店が指定されていることもあります。
家からのアクセスはどうか?電車利用の場合、距離は近くても、電車の本数が少ないことがあります。車で行く場合の渋滞はどうか?駐車場は完備しているか?
ここで法事はできるのか?電車利用の場合、駅からの送迎サービスはあるのか?手ぶらでお参りできるようにお花や線香の販売はあるのか?
霊園の水はけは墓地の状態に大きな影響がありますので、敢えて雨の降っている日に見学するのもいいことです。

その他、気になるのは永代使用料や、管理費です。無理のない価格の霊園を選びましょう。お墓は一代限りではなく、子孫に伝えていくものです。子供たちに負担にならない価格であるべきです。また、お墓の建立期限が決まっている墓地もありますのでこれも確認しておきます。決して即決せず、いくつかの霊園、墓地を比較して自分に合った霊園を選びます。霊園の職員が販売をせかすようなら、とりあえず保留にした方が無難です。良心的な霊園であれば、決して購入をせかすようなことはしません。

▲ ページトップへ